トライアルキットでアスタリフト ホワイトの効果を調べました

アスタリフト ホワイトの美白トライアルキット

アスタリフトホワイト(トライアルセット)

ナノの浸透技術で美容成分がシミの元に届く!肌を潤してエイジングケアも同時に

アスタリフトホワイト口コミ効果トライアル

肌の乾燥がひどくて化粧品が浸透している気がせず、美白ケアも満足にできませんでした。これは技術も優れてるようで、ヒリヒリせずにすんなりと浸透して段々と肌のトーンが戻ってきたように感じました。どのアイテムも使い勝手がいいですが、特に先行美容液が本当にグングン肌に入る感覚が気に入っています。

アスタリフトホワイトの化粧水。美白有効成分と肌荒れ有効成分が肌の炎症を抑えながら、シミの原因となるメラニンの骨組みに働きかけて、シミやそばかすを予防してくれるのが特徴です。独自技術によりナノ化された複合潤い成分が乾燥でくすみがちな肌を潤しながら、次のアイテムの浸透性も高めてくれます。肌が敏感に傾いてきて、思うように美白ケアが出来ないという方に。
5日間美白トライアルキット1000円・税別
(先行美容液10包・美白化粧水20ml・美白美容液5ml・美白クリーム5g)

 

2種の美白成分が配合されているのが特徴

アスタリフトホワイト効果成分特徴使い方トライアル

アスタリフトホワイト美白トライアルキットは,

 

富士フィルムから発売されているアスタリフトシリーズの製品を安価でお試しができるお得なセットです。

 

このシリーズの特徴は美白成分としてアルブチンとビタミンC誘導体を採用している点にあります。

 

アスタリフトホワイトに配合されている成分の特徴

成分

効果・働き・特徴

アルブチン

・ハイドロキノンに比べて低刺激で美白効果を発揮できる
・メラニン色素の生成を効果的に抑制することができる
・肌への刺激に対して敏感になっている方でも無理なく使用することができる点が魅力

ビタミンC誘導体

・メラニン色素の生成を抑制する効果
・沈着を起こしてしまったシミを薄くする還元作用を備えているのが大きな特徴
・ターンオーバーの活性化や抗酸化作用なども備えておりトータルで美白ケアに効果を発揮

AMA

・「センテラアジアチカ」と呼ばれるセリ科のハーブから抽出
・保湿・エイジングケア成分

アスタキサンチン

・コエンザイムQ10の1000倍とも言われる抗酸化作用
・シミ・くすみの根本の原因となる肌の老化を改善

水溶性コラーゲン、浸透性コラーゲン、ピココラーゲン それぞれサイズが異なるため、角質層の異なる場所に留まって効果を発揮

 

アスタリフトホワイト効果成分特徴トライアル
アルブチンは、アスタリフトホワイトでは美白化粧水と美白クリームに、ビタミンC誘導体はは美白美容液にそれぞれ配合しています。

 

そして有効成分を角質層のすみずみにまでしっかりと浸透させる独自の技術「ナノユニット技術」を採用しました。

 

AMAを肌になじみやすい構造にしたうえでわずか直径20ナノメートルのサイズにすることで角質層の内部までの浸透を実現しました。

 

これまでの美白化粧品にはない浸透力で有効成分の効果を最大限に発揮することができます。

 

このアスタリフトホワイト美白トライアルキットでは美容液、化粧水、美白クリームが用意されています。5日間分使用できますから、アスタリフトシリーズの効果を試してみてはいかがでしょうか。

アスタリフトホワイトローションってどんな化粧水?

角質層の隅々まで届いて美白もエイジングケアも

アスタリフトホワイト効果成分特徴ローション

アスタリフトホワイトローションは独自技術のにナノAMAを採用、

 

有効成分を角質層のすみずみにまで届ける効果を備えたローションです。

 

また、抗酸化作用に優れたアスタキサンチンを配合することでシミ対策はもちろん、

 

広く肌環境の改善を目指すスキンケアに活用していくことができるのが特徴です。

ナノAMAとは
・セリ科に属するセンテラアジアチカという植物から抽出されたアジアチコシド、マデカッソ酸、アジア酸を組み合わせることによって作られた成分

 

・独自技術でナノ化による低分子化とユニット化
 →わずか20ナノメートルという極小サイズの成分が角質層の隅々にまで浸透
  シミの原因となるメラニン色素の生成を促すほか、保湿効果を発揮

アスタキサンチン
コエンザイムQ10の1000倍とも言われる肌のハリを改善する効果を発揮
 →肌の老化による乾燥やバリア機能の低下を改善

 

※そもそもシミは乾燥・バリア機能の低下によって外部から刺激を受けやすくなることが大きな要因
  その引き金となる老化を防ぐことでメラニン色素が精製されにくい環境を作ることができる

保湿力も改善で潤いやハリのある肌に

アスタリフトホワイト効果成分特徴ローション

美白効果のメラニン色素の生成抑制効果と併せてシミ対策の重要なポイントとなります。

 

老化と併せて保湿対策もシミの対策の鍵です。

 

老化を防ぎつつ保湿による乾燥の改善を目指していくことで外部からの刺激に強い肌作りを行っていくことができるからです。

 

アスタリフトホワイトローションでは3種類のコラーゲンに加えて海藻エキスを配合することで低下した保湿力を改善し、潤いとハリのある肌環境へと導きます。

乾燥対策にも役立つ

アスタリフトホワイト効果成分特徴ローション

このように、アスタリフトホワイトローションではシミの原因に対して

 

幅広くアプローチしていくことで効果的に予防・改善に役立てていくことができます。

 

シミに悩まされている方はもちろん、老化が気になり始めた方や乾燥対策を心がけている方にもピッタリです。

 

ダマクスローズの心地よい香りで日々の使用の際にリラックス効果を得ることもできます。

アイテム別失敗しない美白化粧品の選び方

美白化粧品選びのポイントは?

効果より肌との相性を優先

アスタリフトホワイト効果成分特徴美白化粧品選び方肌質

美白化粧品がさまざまなメーカーから発売されるようになっています。

 

配合される成分はもちろん、化粧品の種類にも幅広くなっており、数ある選択肢の中から自分に合ったものを探していくことが求められてるのです。

 

上手な選び方の大前提は肌との相性を踏まえておくことです。

 

もともと美白コスメは美白効果が優れていればいるほど肌への負担が大きくなる傾向があり、

 

効果の高さだけでなく肌に負担をかけないかどうかも考慮したうえで選んでいかないと美白効果よりも肌荒れなどのトラブルの方が大きくなってしまう恐れがあります。

美白成分は2タイプある

そのうえでまず美白成分をチェックすること。美白成分には2つのタイプがあります。

 

・シミ・くすみの原因となるメラニン色素の生成を抑制するタイプ
 原則としてシミ・くすみを予防する効果に限定される

 

・既に角質に沈着を起こしてしまったメラニンを薄くする還元作用も備えているタイプ
 シミそのものを薄くしていく効果が期待できる
 効果に優れている一方、先述したような肌への負担の問題を抱えやすいので要注意

 

自分のシミ・くすみの状態と肌質の両方を考慮したうえでどちらがよいのかを検討していくことになります。

アスタリフトホワイト効果成分特徴美白化粧品選び方肌質

この点は美白成分以外にどのような有効成分が配合されているかとも深く関わってきます。

 

予防効果のみを備えた美白成分を配合した製品でも、ターンオーバーの活性化や保湿効果をプラスすることですでにできてしまったシミを薄くすることができるからです。

 

こうした効果はシミができやすい肌環境そのものを改善するにも役立ちますから、エイジングケアや乾燥肌対策も含めて選んでみるとよいでしょう。

 

もうひとつ、かつて美白化粧品といえばもっぱら美容液が選択肢でしたが、最近では化粧水や乳液などでも美白効果を備えたものが増えてきています。

 

これまでよりも幅広い選択肢の中から選んでいくのはもちろん、それぞれの組み合わせも考慮して選びましょう。

 

例えば美容液でエイジングケアを行い、乳液で美白対策、といった役割分担なども可能です。

美白化粧水の失敗しない選び方

予防がメインか還元作用も取り入れるか

アスタリフトホワイト効果成分特徴美白化粧水選び方肌質

美白化粧水にはさまざまな種類があります。

 

配合されている美白成分の種類はもちろんのこと、

 

効果そのものが製品によって異なるのでひとつひとつをよく吟味して選んでいく作業が欠かせないのです。

 

最大のポイントはやはり配合されている美白成分にあります。

還元作用のある美白化粧品は使用に注意

美白成分には大きく分けて2つのタイプがあります。

美白成分のタイプ
・シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制することで予防効果を発揮するタイプ
 →予防がメイン

 

・予防効果に加え、すでに沈着を起こしてシミになってしまったメラニン色素を薄くする還元作用を備えているタイプ
 →すでにシミが目立ち始めている人向け

還元作用を備えた美白成分が配合された美白化粧水を使用する際にはいくかの注意点があります。

 

還元作用のある美白成分の注意点

成分

メリット デメリット
ハイドロキノン シミを薄くする効果が非常に優れている

・刺激が強く肌荒れなどの問題を起こすリスクがある
・漂白効果が強く出すぎると、に白い斑点ができてしまう白斑という副作用も見られる
→肌との相性がポイント

ビタミンC誘導体 安全性が高い

・効果を実感するまで時間がかかってしまう
・濃いシミの場合には期待するような効果が得られないこともある

こうした難点を考慮したうえで判断することが必要なのです。

予防効果の成分との相乗効果に期待

アスタリフトホワイト効果成分特徴美白化粧水選び方肌質

もうひとつ、一緒に配合されている他の成分との関係も大事です。

 

アルブチン、トラネキサム酸、エラグ酸といったメラニン色素の抑制を防ぐ予防効果を備えた美白成分も

 

ターンオーバーを活性化する成分と併せて活用することで、すでにできてしまったシミを薄くするのに役立てることができます。

 

こうした組み合わせのバランスが優れた美白化粧水を探していくことも重要なポイントとなるのです。

 

その他シミの種類ごとに適した製品を選ぶなど注意すべき点がいくつかあります。

 

また実際に使ってみて肌に違和感を感じたらすぐに使用を中止するといった心がけも踏まえたうえで、自分にとって最適な製品を探していくようにしましょう。

美白クリームの失敗しない選び方

アスタリフトホワイト効果成分特徴美白クリーム選び方肌質

美容液だけでなくクリームでも美白対策を行える製品が増えています。

 

美容液との相乗効果を目指すほか美容液ではエイジングケアを行い、クリームで美白を行うといった役割分担も可能です。

 

そんな美白クリームにはいくつかの種類があります。

 

最大の違いはやはり配合されている美容成分によるものです。

 

とくに美白クリームの場合はハイドロキノンとトレチノインのどちらが配合されている製品が人気を得ています。

ハイドロキノンの働き・特徴
・数ある美白成分の中でももっとも優れた効果を備えていると言われる

 

・既に沈着を起こしてシミになってしまったメラニン色素を薄くする還元作用が役立つ

 

・効果が高い一方肌への刺激が強いため、肌質との相性の考慮も必要
→クリーム単体の刺激だけでなく、美容液との組み合わせも視野に入れる

トレチノインの働き・特徴
・肌のターンオーバーを活性化する非常に優れた効果

 

・皮膚科でもシミ・くすみの治療に広く使用されてる

 

・ターンオーバーを活性化させメラニン色素が沈着した角質を剥がし、新しい肌との入れ替わりを促す

 

トレチノインはピーリングと似たような効果ですが、そのメカニズムは異なります
ただこちらも肌への刺激が少々強いので肌質との相性を考慮したうえで活用していくことが大事です。

肌環境改善を目指すタイプも

アスタリフトホワイト効果成分特徴美白クリーム選び方肌質

最近ではより低刺激で肌質に関係なく使用できる美白クリームも増えてきています。

 

乾燥肌・敏感肌の方やエイジングケアの一環として美白対策を行う場合、

 

こちらの方がよい選択肢になるかもしれません。

 

低刺激な美白クリームの特徴は美白成分の効果だけに頼らず、ビタミンC誘導体やプラセンタエキス、レチノールといった美容成分をうまく組み合わせて肌環境そのものの改善を目指している点です。

 

そのため美白効果はやや劣りますが、低刺激で安心して使用できるうえにシミ・くすみ以外のトラブル改善にも役立つ点が魅力です。

 

こうした種類ごとの特徴や注意点をよく踏まえたうえで最終的に判断するようにしましょう。

美白美容液の失敗しない選び方

効果が高いほど優れているとは限らない

アスタリフトホワイト効果成分特徴美白美容液選び方肌質

美白美容液はエイジングケア用や保湿対策向けの美容液に比べて選び方が難しくなります。

 

できるだけ優れた効果を備えた製品を選ぶのはもちろん、肌への影響も考慮しなければならないからです。

 

抗酸化成分や保湿成分とは異なり、美白成分は効果が高ければ高いほど刺激が強い傾向があります。

 

その為美白効果に優れた製品が必ずしも最適な選択肢とはならないのです。

 

大事なのは肌質に合ったものを選ぶことです。

老化や乾燥で刺激に敏感になっている方:できるだけ低刺激な製品を選ぶことが絶対条件

 

シミが濃い方:できるだけ効果が高い製品を選ばないと十分な効果が得られない

 

→実際に使用しないとわからない面もあるため、トライアルキットなどをうまく活用しつつ自分にあったものを探していく

 

美白成分の効果を予め知っておく

それから美白美容液に配合されている美白成分とその効果をしっかり確認しておくこと。

 

美白成分には大きく分けて2つのタイプがあります。

美白成分の効果の違い
・メラニン色素の生成を抑制してシミを予防する効果を備えているもの
 →シミの予防や薄いシミに対して効果を発揮する

 

※既にかなりはっきり目立つシミができてしまっている場合には還元作用タイプでなければ改善できない

 

・既に沈着を起こしてしまったメラニンを薄くする還元作用を備えているもの

美白美容液はこの美白成分ごとのタイプと効果の違いを曖昧にしたまま紹介されていることも多いので要注意です。

ハイドロキノン配合の美白美容液を使用する際の注意点

アスタリフトホワイト効果成分特徴美白美容液選び方肌質


濃度の確認
 →効果に最も優れた美白成分である一方、刺激も強い
   スキンケア製品では1〜5パーセントまでの濃度で配合されている

 

※濃度が低いほうが低刺激、高くなればなるほど優れた美白効果を備えている一方、肌への負担が大きくなる

 

この成分が配合された美白美容液を探す際には、まず濃度が低めのものから肌との相性と効果を確認し、少しずつ濃度が高いものへと切り替えていくのがもっとも安全な選び方となります

 

 

《参照》
アスタリフト ホワイトについて | アスタリフト化粧品